英雄伝説VI空の軌跡SC 攻略質問用掲示板
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^6: 最終パーティをだれにしました?
投稿日: 2006/04/09(Sun) 04:45
投稿者yaggy

あれですね、全体的な所感をまとめてみると、こんな感じになると思います。

オリビエ
ドゥエンデなどの女性ATS装備の優秀さがあるため、最終的なアーツ攻撃力は女性キャラに負ける。しかし、スロットの自由度が高いためいろいろな魔法を使って倒したい人には向く(ラストではその自由度が生かしにくいが)。あと女性キャラに比べ防御力が高くタフな点も魅力だし、ハッピートリガーも終盤まで役に立つ。

シェラ
FCと比べて射程の利は小さくなったので機動力を全面に出せるのは序盤まで。一方高いATSによりアーツ中心で攻めることが出来る。少なくとも困ったらエアリアルを使わせておけば間違いない(笑)
ヘブンズキスを使いこなせて初めて能力の100%を引き出せるのだ、という意味で玄人向けのキャラ。

ジン
なんと言っても圧倒的な防御力。高めの防御クオーツをつけ、倉ールロケットをつければ絶対に死なないキャラになるし、防御の強化を適当にすませてもタフで強いキャラとして使える。ボス戦ではSTR、DEF 60%UPを必ずやるので(攻撃こそ狭いものの)死ぬほど強い。

アガット
攻撃の鬼。とにかくSTR強化しまくって雑魚・ボスとわず滅殺できる。CP150は使いにくくなったが(それでも回復とタイミングを合わせれば全く問題ない)、その他のクラフトの使い心地も非常に良くなった。ジンが単体攻撃メインなのに対し、アガットの方は複数体への攻撃も充実している。

クローゼ
回復役としては死角がない。また水属性に限れば攻守のアーツが一通りそろう。行動力+駆動+省EP+HP+精神+治癒(陰陽)+妨害(回避)と事実上全てのスロットの使い道が決まっている(笑)
ダメージこそ与えられなくなったもののジークの使いやすさにも定評がある。ジークの乱用を押さえ、CP200のリヒトクライス要員としても重要。うっかりSクラフトを差し替えたりしないこと。


ティータ
愛でるだけのキャラ、と思っていたら意外と強い。攻撃力が高いので攻撃特化にする。エステル程度の威力の攻撃を複数対象にできる。死の理(刃1)や石化の理(刃)などで一撃必殺をねらう。
その代わりHPが低い上防御が弱い。折角の攻撃力の高さを生かすために防御のクオーツをつけたくない。頑張って装備を充実させる。終章に関してはオーラガードやヨルムンガントなどが使えるので防御の心配もあまりしなくても良い。

ケビン
回復系のクラフトが充実している。オリビエの回復版と言ったところか。どのクラフトをどのタイミングで使うべきか難しいが、使いこなせばなかなか使い勝手は悪くない。ピンチになったら迷わずSクラフトで危機を脱することができる。アーツはやっぱり女性キャラの方が強いですが、回復役にATSの強い弱いは関係ないと思えばオリビエほどかわいそうではない。

ジョゼット
使い勝手が悪いことで評判のキャラ。エステルによればサポートキャラに分類されるが、ラ・フォルテやラ・ティアラルなど、ボス戦で不可欠なサポートアーツが使えない。
魔法は苦手なので攻撃に特化させるしかない。幸い攻撃力は悪くないので、敵の攻撃を受けない遠距離から攻撃していくのが正しく、対マペット戦に特化されているキャラ。

一通り使ってみた感想です。ラスボス戦パーティーを決めた上でその2人を中心に強化する限り、特に使えないキャラ、というのはいなかった気がします。逆に中途半端にしか強化しないと誰を使っても使いにくかった。キャラの個性と言うより、強化装備の個性の方がつよいってのはいかがなものでしょう(笑)


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー