この原稿はみんぶ〜さんにいただいたものです。ありがとうございました。

1ミロとは一体どのくらいの長さなのか

ティラスイール特有の長さの単位、ミロ。しかし1ミロとは一体どのくらいの長さなのだろうか?ゲーム上で確認できる資料は、ミロポストに刻まれた数字及び、750ミロという三都橋と推定80ミロというガルガの体長だけである。

しかしこれだけではミロの長さを推定することは出来ない。よってボルトの東の谷(80ミロ)の歩測を試みたところ、おおよそ80歩(チップ)であった。とすれば、1ミロとは1歩分の長さに相当するのではないだろうか。ジュリクリたちは3歩(チップ)分の長さで描かれているし、1歩を60cmと仮定すると、身長180cmで整合性が取れている。

では1ミロ=60cmということで考えて見よう。ガルガの体長は推定80ミロであるから、48mということになる。地球最大の動物、ナガスクジラが最大30m前後と言われているから、まあそれほど無理のある数字ではない。ガルガはクジラよりも大きいという設定だし。ついで750ミロの三都橋。750ミロ=450mとなり、これも無理の無い数字だ。ちょっと大きめの川に橋を架けようと思えば450m程度にはなるだろう。礎石造といえどもこのくらいは何とかなるはず。エジプトのピラミッドよりはちょっと大きいけど。

しかし問題はミロポストに刻まれた数字だ。街どうしで一番離れているのはネルバ〜テュエール間の2050ミロ(国境を越えるのならばホルク〜ギドネル間の2093ミロ)だが、それでも1230mにしかならない。最短のダイス〜ダーツ間ともなると、457ミロしかなく、274.2mだ。これでは隣街までものの5分とかからない。半日あれば5つのシャリネを巡って家に帰ってくることができるだろう。とても旅とは言えない、散歩である。10歳のジュリオ君は家からわずか1kmの隣街で迷子になって泣いていたのだ。

どうやら1ミロ=1歩という考えには無理があるようだ。何か他の基準を見つけなければなるまい。ところが、よく調べて見るとティラスイールの面積はイギリスと同じくらいという、ファルコムの公式見解(マイコンBACICマガジン94年8月号)があるではないか!これを利用しない手はない。さっそく検討してみよう。

イギリスの面積は24万平方kmで、日本より少し狭いくらいだ。南北の長さがおおよそ800km。1周するならだいたい2000kmくらいになるだろう。この距離を3ヶ月で歩くとすれば1日20kmちょっと。途中で魔獣に襲われるかもしれないことを考えるとちょっとつらい数字かもしれないが、何とかなるだろう。体力はクリスの魔法で回復できる。ティラスイールとイギリスの面積がほぼ同じというのは極めて妥当な数字といえるだろう。

ではティラスイール1周は何ミロか。ラグーナからニーリまで、鷹の爪号を利用せずに歩いてティラスイールを1周してくると、最短ルートでおよそ18000ミロになる(ギドネル〜バラカ間の距離が不明なので除く)。この理論からすると、おおよそ1ミロ=100m前後と考えていいだろう。

今度は隣街まで50km〜200kmとなる。1日で200kmはとても歩けないので、野宿をしなければならないのがちょっと気がかりだが、ゲーム上には現れない宿場町が他にもあるのだろう。そうでなければティラスイールの全人口は700人ぐらいになってしまう。家から200kmも離れた知らない場所で10歳の子供が1人ぼっちになったら、ジュリオ君でなくとも泣き出してしまうだろう。

しかし今度は三都橋の長さが問題だ。なんと75kmにもなってしまう。おお、ティラスイールの技術力をもってすればドーバー海峡に橋が架かるぞ、瀬戸大橋も真っ青だ。ところで、これほどの橋を架けるとなれば大変な資金と人手が必要だ、巨大国家プロジェクトとなるのも無理はない。もしかしたらダーツの村が貧困に喘いでいるのは、三都橋建設に人夫がかりだされたからかもしれない。一体何年かかったことだろうか。バロンならばこのくらいの政策、推し進めそうなものだが、あのアルフレッドまでがこんな無茶な政策を実行したのだろうか。彼の人気から考えて、うまく国民を洗脳しているのかもしれない。

チャノムとアンビッシュが貧困に喘ぐのも問題だが、ガルガの襲来はもっと問題だ。何しろ推定80ミロなのだから、体長8000mもの巨体が襲い掛かってくるのだ。さすがにゲルドの予言で山と形容されただけのことはある。しかしこんなものが街に上陸してきたらたまらない。いや、ガルガは街を破壊したいのなら上陸する必要も無い。何しろ三原山が東京に向かって泳いでくるようなものだ。ガルガが1歩動くたびに数十m級の巨大津波が沿岸部を襲うことになる。また、津波は海岸に沿って進むような性質を持っているし、遠くまで伝わってもそのエネルギーはなかなか小さくはならない。ティラスイールでも多くの街が沿岸部に存在していることを考えると、ガルガがネガル島からボルトまで移動する間に、ティラスイール全土は壊滅的な打撃を受けるだろう。被害を受けないのは遠く離れたギドナとフュエンテ、それから高地にあるイグニスぐらいのものか。もっとも地殻変動が起きて大蛇の舌が再び火を吹きそうなものだが。海抜の低いオルドスなどはひとたまりも無い。無論魔法の鏡も破壊されてしまうだろう。ジュリクリも、破壊された魔法の鏡を見て嘆くことはない。彼らは津波の直撃を受け、タラッタ号とともに沈黙の海のもくずとなっていることだろう。

ティラスイールの面積から1ミロの長さを求める方法も失敗、というよりも街の間が500〜2000ミロという値に対するガルガの80ミロという大きさにどう考えても矛盾があるのだ。もしかして、街道の長さを表すミロと物の大きさを表すミロとは、別の単位なのではないだろうか。これによってガルガは体長48m、三都橋の長さはは450m、隣街まで50km〜200kmという妥当な数字が可能になる。しかし数十キロ沖合いを泳ぐガルガを見張るアンビッシュの兵士は大した視力の持ち主だ。


攻略法のトップに戻る
Last modified on Jul. 10th in 1999. Maintained by Sugi.