≪サフィー 第3巻≫ 〜ゆれる紫煙〜
サフィーのレイピアが月光を反射して弧を描く。
迎えるブラッドのカトラスは
弧を制するように直線的な動きを見せる。

サフィーは剣を交える相手に
初めて畏怖の念を抱いた。
事実、彼女の素早い突きを、
全て止めたのは、ブラッドが始めてだったのだ。

ブラッドもまた、彼女の天性のしなやかさに
少なからぬ驚きを感じていた。
そして何よりも、その力が何者かに向けられた
憎悪からくることに。

鋼と鋼が闇の星となる。
2人の弾む息が、銀河の雲と化す。

トルマリン子爵は、ガーネット男爵への
敵意さえも忘れ、逞しい壮年の剣士に立ち向かう
小柄な娘の剣さばきに魅了されていた。

一方、ガーネット男爵は、落ち着き払った仕草で
パイプをくゆらせていた。
その煙の意味を、サフィーとブラッドが
知る由もなかった。 


Last modified on Sep. 25th in 2010. Maintained by Sugi.