≪サフィー 第4巻≫ 〜腕の傷〜
永遠に続くかと思われた2人の攻防は
誰もが予測しなかった結末を迎える。

サフィーが得意とする、切り返しの一撃を
ブラッドに向けて放とうとしたときだった。

彼女の左腕に激しい痛みが走った。
ブラッドがこの隙を逃すはずはない。
彼のカトラスは、耳をつんざく金属音を発し
サフィーのレイピアを弾き飛ばした。

体勢を崩したサフィーに、
ブラッドの最後の一撃が迫る。
サフィーは固くまぶたを閉じ、死の刃を待った。

しかし、ブラッドは踵を返すと、雑木林に向って
カトラスを投げつけた。
一瞬後、鈍い音を立て、クロスボウを持った男が
地面に倒れ込む。

サフィーは左腕に深々と刺さった矢を
引き抜きながら立ち上がった。
その目に、第三者を介入させたガーネットへの
怒りの色をたたえながら。

殺気立つサフィーを止めたのはブラッドだった。
闇に紛れて矢を放たさせたガーネット男爵は、
決闘の作法に反したことで爵位を剥奪される。
すでに、剣士の役目は終わったのだ。



Last modified on Oct. 16th in 2010. Maintained by Sugi.