≪サフィー 第5巻≫ 〜灰色街〜
夜が明けようとしていた。
サフィーは傷ついた左腕をかばいながら、
グレイタウンの狭い路地を歩いている。

王国のはきだめ、貧民窟、あばすれの住処。
グレイタウンを正規の名で呼ぶ者は少ない。
そんな街に、サファイアと名乗ってから
彼女は住み着いていた。

崩れかけた古い屋敷が見えてきた。
職の明らかでない者たちが、勝手に住む一角。
サフィーがアメジスと暮らす一室もそこにある。

ここに住む者たちに足りないのは
わずかな金貨と、最低限の思いやりだけだ。
ひと握りの貴族階級が、彼らからパンを奪う。
パンのために、人は良心を売る・・・。

『今の私にはお似合いだ・・・。』
サフィーはそんな思いと、腕の痛みから
苦笑をもらした。
綿のはみでた粗末なベッドが、今は恋しく思える。

8つになったばかりのアメジスが
サフィーを迎えてくれる。
その汚れを知らない笑顔を見て、
サフィーは意識が遠のくのを感じた。



Last modified on Oct. 16th in 2010. Maintained by Sugi.