≪サフィー 第6巻≫ 〜悪夢〜
ろうそくに揺らめく影。
不気味に反った短刀の光。
幾夜も繰り返されてきた悪夢。

これは夢だと彼女には分かっていた。
見るに耐えない光景から目をそらせないことも。

影が狂気の刃をふりかぶる。
『逃げて!』
幾度も繰り返されてきた言葉。

壁に飛び散る深紅の飛沫。
血の流れと共に失われていく愛しい人の命。
亡骸を目の前にして、呆然とする幼い日の自分。

決闘後のブラッドの一言が思い返される。
『剣に秘めた憎悪は、自分を食い潰すぞ。』
幼い自分が、血塗られた剣を持つサフィーに変る。

固く結ばれた唇、束ねたブルネット。
そして見る者を震え上がらせる冷えたブルーの瞳。
『ちがう!』
サフィーは自らの悲鳴で、悪夢から解き放たれた。


Last modified on Oct. 16th in 2010. Maintained by Sugi.