≪サフィー 第7巻≫ 〜父の剣〜
冷汗が頬を流れ落ちる。
アメジスが心配そうに、サフィーを見つめている。
彼女は決闘の後、4日間も眠り続けた。

サフィーはアメジスに微笑みを見せた。
小さな男の子は気丈にも、一睡もせずに
彼女を看病してくれたのだ。

安心したアメジスは眠りにつく前に
サフィーに小さな皮袋と、
封印された羊皮紙の巻物を手渡した。
彼女が眠り続けた間に届けられた物だという。

皮袋には見事に磨かれたサファイアが入っていた。
トルマリン子爵のしゃれた報酬だ。
続いて無造作に羊皮紙を開く。

サフィーは、丹念に記された文字を追いながら
早まる動悸を抑えるのに必死だった。
御前試合の召集状。
待ちに待った時が、ついに来たのだ。

彼女は壁板の間に隠してきた一振りの剣を取り出し
アメジスの安らかな寝顔にささやきかけた。
『この剣が、全てを終わらせてくれるわ・・・。』


Last modified on Oct. 30th in 2010. Maintained by Sugi.