≪サフィー 第8巻≫ 〜再戦の時〜
トパーズ国王の御前試合には、国中から
選りすぐりの剣士たちが集められた。

中でもブラッドとサフィーは注目の的だった。
先日の決闘を知らない者はいなかったのだ。

血と華麗な技に飢えた貴族たちの見下ろす中、
ブラッドとサフィーは、膝を屈することを知らず
ついに再び剣を交えるときが来た。

この一戦の勝者には、一級剣士の称号が贈られる。
だが、サフィーには称号など何の価値もない。
ブラッドを見据えながら、彼女は呼吸を整えた。
目の前の男を倒せば、剣士としての人生は終わる。

サフィーは使い込まれたサーベルを引き抜くと
ブラッドを圧倒する疾風のような攻めを見せた。
頭部への突きを2度、脇腹への払いを1度、
規則正しく寸分の狂いもなく。

当初押され気味だったブラッドは、素早いが
単調な攻めを続けるサフィーに、反撃を始める。
サフィーは隙を見ては同じ攻めを繰り返すのみ。
勝敗は決したかに思えた。

サフィーは悪あがきとも思える同じ攻めを繰り出す。
だが最後の払いで、手首を捻り頭部へと切り返した。
フェイントだと気付いていても、ブラッドの体は
執拗な攻撃で覚え込まされた反応をしてしまう。

額に突きつけられたサーベルに、
ブラッドは無言でカトラスを投げ出した。
女剣士が国内の剣士を制したのである。



Last modified on Oct. 30th in 2010. Maintained by Sugi.