≪サフィー 第9巻≫ 〜復讐の刃〜
サフィーは微動だにせず、
トパーズ国王が玉座から降りて来るのを待った。

『男であれば、宮廷剣士となれたものを。』
親しげに近付いてきた国王は、サフィーの帯びている
剣を見て力なく呟いた。
『・・・シルフィング・・・。』

かつて、この名剣を自在に操った剣士がいた。
その有能さ故に王族の秘密に通じ
決りきった死を遂げた。
その命令を下したのはトパーズ国王なのだ。

国王の異変に気付き、駆け寄る兵士よりも速く
サーベルの切先が、国王の咽元に押し当てられる。
サフィーの瞳は今や、冷たく燃える宝石だった。
憎しみを糧に燃え続けるサファイア。

1歩踏み出せば、父を殺した男の命を絶てる。
だが、国王の老いた瞳に自分の姿を見たとき
サフィーはブラッドの言葉を思い出した。
『剣に秘めた憎悪は、自分を食い潰すぞ。』

憎悪は新たな憎悪を呼びさます。
サフィーが戦ってきたのは、自分自身の中で
青く燃え続ける憎悪だったのだ。

彼女は静かにシルフィングを鞘に収めると
ゆっくりとその場を立ち去った。
誰1人動こうとする者のない中、彼女の瞳の炎は
徐々に湖面の静けさへと変っていった。


       女剣士サフィー 完




Last modified on Oct. 30th in 2010. Maintained by Sugi.