「空の軌跡」の世界

「発表済み情報」は日本ファルコム公式ホームページに掲載された記事の引用です。


リベール王国

Liberl Kingdom

■発表済み情報■

●本編の舞台となる、豊かな自然に彩られた伝統ある王国。周辺諸国より国力では劣るが、 豊富な七耀石(セプチウム)資源と優れた技術、巧みな外交政策によって対等な関係を 築いてきた。10年前、北のエレボニア帝国から大規模な侵略を受けたが、現在は、 老女王アリシアII世の治世のもと誇り高き平和を保っている。(HotInformation 03.05.02)

■コメント■

●大国に挟まれた小国というのは、シミュレーション好きには燃える設定。
●老女王ということで、残念ながら予想していたよりもお年をめした方らしい。 まぁ、英伝シリーズでは元気なじいちゃんは多くても、ばあちゃんの登場機会は少なかったので、 チャーミングなばあちゃんを期待しておこう。


エレボニア帝国

Erebonian Empire

■発表済み情報■

●リベールの北にある『黄金の軍馬』を紋章に掲げる巨大帝国。強大な軍事力を持っており、10年前にはリベール王国への侵攻を図っている。(OfficialHP)

■コメント■

●セオリー通りなら悪役ですが、意表をついて欲しい気も・・・。


カルバード共和国

Republic of Calvard

■発表済み情報■

●リベールの東にある比較的歴史の新しい民主国家。東方の移民を受け入れているため、多用な文化背景を持つ。大陸西部の覇権を巡って、事あるごとに帝国と対立している。(OfficialHP)

■コメント■

●こちらの方が友好的な感じですが、意表をついて実は・・・という展開が欲しいか? まぁ、覇権を巡って争うくらいですからどっちもどっちなんでしょうが。


オーブメント

Orbment

■発表済み情報■

●神秘のエネルギー《導力》で動く機械仕掛けのユニット。内部には 七耀石(セプチウム)を加工した回路が格納されており、その機構に 応じて様々な現象を起こすことができる。50年前に発明されてから、 またたく間に大陸全土に広がり、照明・暖房・通信・兵器・魔法・飛行船など 様々な技術に応用されていった。(HotInformation 03.05.02)

■コメント■

●「様々な技術」のなかに、さりげなく「魔法」が入ってる・・・。これ自体が魔法みたいなものなのだが。
●つ〜ことで、7種類の石を組み合わせてオーブメントを作ってもらって装備する・・・とかか?(w


遊撃士協会

Bracer's Guild

■発表済み情報■

●大陸各地に支部を持つ《遊撃士(ブレイサー)》のギルド。民間人の安全と、 地域の平和を守ることを第一の目的とし、魔獣退治・犯罪防止などの要請に 応じて遊撃士を派遣する。その国際性・中立性から国家間紛争の仲裁なども 行なっており、10年前には、リベール王国とエレボニア帝国の講和に一役買った。(HotInformation 03.05.02)

■コメント■

●ギルドという言葉から想像するよりもかなり大きな組織のようで・・・


導力革命

Orbal Revolution

■発表済み情報■

●50年前、導力学者エプスタインがもたらした技術革命。古代の遺物アーティファクトの機構を解明した博士は、大量生産が可能で様々な分野にも応用できる汎用導力器《オーブメント》を開発した。なお、エプスタイン博士の直弟子の1人であるラッセル博士は、時計職人が多くいたリベール王国にオーブメント技術をもたらした。以降、リベール王国はオーブメント開発の最先端の場となっている。(OfficialHP)

■コメント■

●便利な道具は、使っているうちに悪い力を放出していて、そのせいで世界が・・・となるとガガーブ三部作と同じ仕掛けになってしまうので、これは無いか。


百日戦役

Hundred day's War

■発表済み情報■

●10年前に勃発した、エレボニア帝国によるリベール侵略戦争。帝国軍は、大兵力をもってハーケン門を突破し、王都グランセルを除く全地方を占領した。
開戦から2ヶ月後、飛行船を使った王国軍の電撃作戦により、地方間の関所は封鎖され、各地に展開していた帝国軍部隊は孤立。共和国の妨害もあり、補給もままならない状況で各個撃破された。
その後、七耀教会と遊撃士協会(ブレイサーギルド)の仲介で両国の間に講和条約が結ばれ、およそ百日ほどで戦争は終結した。(OfficialHP)

■コメント■

●国力は劣ると言っても、帝国を撃退できるだけの戦力はあるのね・・・


引用・参考文献

英雄伝説VI「空の軌跡」特集ページ日本ファルコム,2003
英雄伝説VI「空の軌跡」ホームページ日本ファルコム,2003-2004



Last modified on May. 31st in 2004. Maintained by Sugi.